ムダ毛の発毛を予防する新理論の脱毛法

日本全国にはエステサロンが約8,000件ほどあると言われております。

この膨大な数の中からどのエステサロンが接客・サービス・価格そして肌に優しく効果がある脱毛機を使っているのかを知りたいですよね。

今回はオーシャンブルーの脱毛法・脱毛機について詳しく説明致します。

 

 

◆毛が生え変わるメカニズム

体中の毛には毛周期と言うものがあります。

下記の図の通り、身体のあらゆる体毛には①発毛期(一般的に休止期)→②初期成長期→③中期成長期→④後期成長期→⑤退行期→⑥~⑦自然脱毛→①発毛期(休止期)というサイクルを数か月~5年の間繰り返し生え変わります。

なので「今、生えている毛」はそのまま放っておいても「毛が生え変わるメカニズム」によっていずれ自然に抜け落ちていくのです。

 

 

◆従来の脱毛機による脱毛処理法とは?

従来の脱毛機による脱毛処理法とは「毛乳頭又は、皮脂腺開口部を破壊する」脱毛です。「毛乳頭」を破壊するには高温の熱が必要で、その温度は約62~63℃という説があります。

そして、毛乳頭は肌深部にあるためそこへ熱を到達させるには70~80℃近くの熱を一気に発さないと毛乳頭は破壊できないとも言われています。

 

しかし多くの場合、毛乳頭に到達する手前で毛が焼き切れてしまいます。

(そのために毛がぽろぽろと切れて抜ける状態が、まるで脱毛の効果のように感じてしまいますが…)

問題なのが、途中で焼き切れてしまった脱毛箇所が炎症を起こした場合です。

炎症などが起きるとその部位は、人が持つ自然治癒力によって炎症を治そうとする力が働きます。

すると、焼き切れた毛を残したまま、炎症部分が傷を修復しようとするため、残った毛が皮膚内にとどまってしまい、普通なら自然に押し出されて抜けていくはずだった毛が「埋もれ毛」となる可能性もあるのです。

 

 

◆「ムダ毛を予防」する唯一無二の脱毛機

オーシャンブルーの脱毛はハイパースキン脱毛を採用しています。

「ハイパースキン脱毛」は、現在生えている毛に対して何も起きません。「ハイパースキン脱毛」は、毛穴から毛が抜けた後、又は生える前である「発毛期(休止期)」状態の毛穴にだけ効果を発揮する「夢の脱毛機」です。

 

簡単に説明すると、毛の生え変わるメカニズムにおいて、毛が生え変わる際に「毛が抜けた。新しい毛を生やさなきゃ!」という信号が“バルジ”に送られ、そこから発毛因子(毛の種)が皮脂腺から栄養分を貰って成長しながら毛乳頭へと降りて行きます。毛乳頭へ到着した「毛の種」は、今度は血管から栄養を補い続け、ドンドン成長していくのが毛の生えるサイクルです。

 

「ハイパースキン脱毛」は、バルジから生まれる毛の種だけを狙い、「毛の種を消滅させる」という“発毛予防理論”に基づいて開発された世界で唯一の脱毛機なのです。

今までの脱毛理論である「いずれ抜け落ちていく毛」に対して脱毛ダメージを与えるよりも、『バルジから生まれる毛の種を消滅させて、毛を皮膚に生やさない』ようにする方が理にかない、むだ毛が生えない状態を作ることが出来ます。

要するに「ムダ毛発毛予防」が出来る!しかも「痛くない・安全・スピーディー」

これが『ハイパースキン脱毛』が「夢の脱毛機」と呼ばれる理由なのです。誰も考えなかった“発毛予防理論”にもとづいて開発された脱毛機は『ハイパースキン脱毛』だけ♪

 

 

◆ムダ毛の発毛を予防する新理論のまとめ

・毛が生え変わるメカニズムの特徴をとらえて発毛予防する

・従来の生えている毛を焼き切る脱毛ではなく毛の種にアプローチするのでお肌にも安全

・生えている毛ではなくこれから生えてくる前の毛の種にアプローチする発毛予防法

・ムダ毛の発毛を予防する世界唯一の“発毛予防理論”によるハイパースキン脱毛法

 

 

≪脱毛キャンペーンはコチラ≫

≪オーシャンブルーの脱毛が選ばれる理由≫